東京23区で保育士の給料が高いのはどこ?「月給ランキング」で正社員の給与の相場を知ろう!

東京23区で保育士の給料が高いのはどこ?「月給ランキング」で正社員の給与の相場を知ろう!

東京23区の保育士の給料を調べて、「月給ランキング」を作成してみました。最も多い区と少ない区では、2万円近い月給の差があります。また正社員であっても、地域、経験、最終学歴などによって月給はかなり違います。給料の相場がどうなっているのかを確認してみましょう。

23区でトップは杉並区の21万2,949円

 保育園に就職・転職する際に、一番気になるのが給料です。特に東京都は全国でも最も給料が高いのが魅力です。そこで東京23区の中では、どの区の給与が高いのか調べるため、保育士(正社員)の月給を調べてみました。

保育士月給ランキング(東京23区、正社員募集時の最低金額)
1位、杉並区(21万7,949円)
2位、中野区(21万7,847円)
3位、品川区(21万7,250円)
4位、墨田区(21万6,737円)
5位、目黒区(21万5,840円)
6位、文京区(21万4,745円)
7位、板橋区(21万3,250円)
8位、大田区(21万2,180円)
9位、台東区(21万2,038円)
10位、新宿区(21万1,736円)
11位、中央区(21万1,697円)
12位、江東区(21万1,079円)
13位、千代田区(21万0,014円)
14位、港区(20万9,401円)
15位、荒川区(20万9,272円)
16位、練馬区(20万8,201円)
17位、渋谷区(20万6,264円)
18位、足立区(20万5,769円)
19位、世田谷区(20万2,640円)
20位、葛飾区(20万0,888円)
21位、江戸川区(20万0,338円)
22位、北区(19万9,618円)
23位、豊島区(19万8,473円)

※正社員、保育園、保育士資格あり、大手転職サイトで募集している最低月給の平均(2018年10月)。諸手当を含む。賞与(ボーナス)、住宅手当などは含まない。

 東京23区といっても、かなり月給の差があることがわかります。最も月給が高かった杉並区と、最下位の豊島区では、1万9,476円も差がありました。

 全体の傾向としては、23区でも杉並区、中野区、港区など「南部・西部」に位置する区の月給が多いこともわかるでしょう。一方で、江戸川区、北区、豊島区など、「東部・北部」に位置する区の月給が低くなっています。

 東京に住んだことがある人なら大体想像がつくでしょうが、その地域の家賃・物価水準に比較的比例していると言えるでしょう。「月給が高い分、物価も高い」ので、結果として手元に残る貯金の額は大きく変わらないかもしれません。

 一方、個別の保育園を見ていくと、月給は18万円から24万円程度まで幅があります。正社員として同じ仕事のはずですが、その待遇は保育園によってかなり違うのです。保育業界は保育士が大幅に不足している「売り手市場」ですので、高い給料を支払ってでも保育士を採用したいという保育園が出てきたことで、これだけの月給の格差があるようです。

 では、どんな保育園の給料が高いかというと、一定の法則はないようです。求人一覧を見ればわかりますが、大手の運営会社の給与が高いというわけでもなく、実際の求人を多数見るしかないようです。

 なお、月給には、賞与は含まれません。賞与は年間あたり月給の2〜4ヶ月分程度支給する保育園が多いようです。また、東京都の保育園の場合は、月給とは別に、借上げ社宅制度(家賃補助)を用意している市町村が大半です。最も待機児童が多い世田谷区の場合、保育士を積極的に採用するために、最大月8万2,000円もの家賃補助を受けられます。自治体や保育園によって条件は違うので、問い合わせてみましょう。



経験加算は、「経験年数×1000〜2000円」

 今回、調べたのは各保育園の最低月給(正社員)の平均です。ということは、経験があったり、学歴が高かったりすれば、月給は加算されます。その仕組みを紹介しておきましょう。

 主な加算の条件は以下の通りです。

1、「経験」加算
 正社員経験があれば、経験1年につき月給を1,000〜2,000円程度加算する保育園が多いです。なお、パート勤務の場合も週30時間以上の勤務のケースや、幼稚園や認可外園での経験も加算対象とするようです。
2、「学歴」加算
 短大・専門学校卒業の人と、四大・大学院卒業では、月給が違うという保育園は多数あります。だいたい、四大・大学院卒業者は、基本給が月1,000〜5,000円程度高く設定されています。
3、「地域」加算
 地方と都会では当然ながら月給は違います。地方に比べると、東京の月給は2万円程度高く、神奈川県、千葉県などの首都圏は1万円程度高く設定されていることが多いようです。
4、「役職」加算
 保育園に転職する場合、単なる正職員ではなく、主任、園長としての採用もあります。主任であれば3〜5万円アップ、園長であれば5〜10万円アップというのが相場でしょうか。ただし、園長となると残業時間も増える傾向にあり、実際の額面はもっと多くなりそうです。

 以上のように、月給といっても加算条件によってもかなりばらつきがあります。

 また、東京の23区だと、最大で8万2000円(世田谷区)の家賃補助があるため、実際の待遇は悪くない事がわかります。ただし、この家賃補助は時限措置であり、世田谷区の場合、平成32年度(平成33年3月)までは実施が決まっていますが、それ以降は未定です。

 月給については、募集要項に記載がありますが、細かい加算についてははっきりと明記されていない事もあるので、応募時に月給がいくらなのかを聞きましょう。また賞与(ボーナス)は前年度実績でいくら出たのか、ない年の昇給はどの程度あるのかも合わせて聞いておきたいですね。

転職サイトは複数登録すべき

 それでは、実際に転職を考える際は、まず何をすればいいでしょうか。最初に取り組むべきなのが、「転職サイト」に登録することです。主要な転職サイトであれば、一人一人の保育士にコンサルタントがついてくれ、希望に沿った保育園を紹介してくれます。保育園の様子や勤務実態についても、転職サイトを通じてヒアリングできるのでぜひ登録したいものです。

 それも1つの転職サイトだけでなく、複数のサイトに登録するのがオススメです。下記の「主要な保育園転職サイトを比較」を見ればわかるように、登録している保育園数には差があり、1つのサイトに登録しているるだけでは、現在募集中の保育園全ての情報を見ることができないからです。また、サイトによって得意な地域、苦手な地域があったりするので、複数のサイトに登録すれば、最適な保育園に出会える確率が高まります。

 なお、ハローワークでも転職・就職情報を見ることができますが、登録している件数が少ないので、これだけで転職活動をすることはお勧めしません。

 転職を考えるのなら、複数の保育士転職サイトに登録して、転職先を探してみるのがいいでしょう。

 

                            

主要な保育園転職サイトを比較!
  ジョブメドレー 保育士
バンク
保育情報
どっとこむ
 
東京 3513件 2944件 4748件
神奈川 1413件 1784件 1247件
全国 15970件
※2018/11/13現在
9671件 15934件
特徴 掲載件数業界トップクラス。事業所からスカウトメールが届き、複数応募も可能! 全国に対応。登録後、コンサルタントと電話で面談。プライバシーマーク取得 全国に対応。説明会・セミナーも多数開催。登録すると園の動画が見られる